無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【民主代表選】小沢氏「海兵隊不要」に防衛省困惑 事実誤認も数々 | トップページ | 北の核物資押収は三原則の例外 貨物検査で政府見解 »

2010年9月 8日 (水)

自民、週内に役員人事…幹事長に石破氏検討

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100908-OYT1T00088.htm
自民、週内に役員人事…幹事長に石破氏検討

 自民党の谷垣総裁は7日、党役員人事を週内に行う方針を固めた。

 焦点の幹事長ポストには、石破政調会長を起用する案が出ているが、大島幹事長の留任も残っている。石破氏を幹事長とする場合、大島氏を副総裁とする案も浮上している。

 総裁を除く自民党役員の任期は1年で、現執行部は9月末に任期満了を迎える。谷垣氏は当初、民主党代表選(14日投開票)の結果やその後の閣僚・民主党役員の顔ぶれを見極めてから人事を行うと見られていたが、「代表選を待たずに陣容を先に整え、『攻めの姿勢』を示す方が得策だ」という判断から前倒しする方向となった。谷垣氏は、8日の総務会で一任を取り付けたうえで人事を行う方針だ。

 幹事長ポストは、中堅・若手議員の間にベテランの大島氏の交代を求める声があるため、論客で知名度の高い石破氏の起用が検討されている。一方で、7月の参院選で改選第1党の議席を得た功績などから、大島氏続投という見方もある。このほか、石原伸晃組織運動本部長の党三役入りも取りざたされている。
(2010年9月8日03時06分  読売新聞)

« 【民主代表選】小沢氏「海兵隊不要」に防衛省困惑 事実誤認も数々 | トップページ | 北の核物資押収は三原則の例外 貨物検査で政府見解 »

「国内情勢」カテゴリの記事