無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 北の核物資押収は三原則の例外 貨物検査で政府見解 | トップページ | 外国人参政権「さらに議論」=A級戦犯分祀を-小沢氏会見 »

2010年9月 8日 (水)

「日米同盟の発展必要」首相が自衛隊幹部に訓示

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100908-OYT1T00450.htm
「日米同盟の発展必要」首相が自衛隊幹部に訓示

 菅首相は8日午前、防衛省で開かれた自衛隊高級幹部会同で訓示した。

 首相は冒頭、「自衛隊最高指揮官として我が国をしっかり守り抜く」と決意を表明。日本周辺の安全保障環境について「大量破壊兵器拡散、国際テロ組織など非国家主体による活動など多様な事態への対応がますます求められる時代となった」と懸念を示した。

 新たな防衛大綱の策定を巡っては、北朝鮮や中国の情勢にも触れ、「不透明、不確実な要素も存在している。真に役に立つ実効的な防衛力を整備するため、しっかり検討し、これからの時代にふさわしいものを本年中に策定する」と語った。

 日米同盟に関しては「同盟関係を21世紀にふさわしい形で着実に深め、発展させることが必要だ。他方で、沖縄の負担を正面から受け止め、軽減に最大限努力することが必要だ」と強調。沖縄の米軍普天間飛行場移設問題については「5月の日米合意を踏まえつつ、沖縄の負担軽減に最大限尽力する」と述べた。
(2010年9月8日11時47分  読売新聞)

« 北の核物資押収は三原則の例外 貨物検査で政府見解 | トップページ | 外国人参政権「さらに議論」=A級戦犯分祀を-小沢氏会見 »

日米関係」カテゴリの記事