無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米兵が市民を「気晴らし殺人」か アフガン、軍訴追と米紙 | トップページ | オスプレイが沖縄の怒りに拍車 改造内閣はや苦境 »

2010年9月20日 (月)

幹部自衛官320人天下り 調達先上位の20社に

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010092002000041.html
幹部自衛官320人天下り 調達先上位の20社に

2010年9月20日 朝刊

 防衛省が毎年一兆円近い武器調達費を支払っている契約高上位二十社に、過去十年間で三百二十人の将官ら幹部自衛官が顧問や嘱託として再就職していることが分かった。三菱重工業、三菱電機、川崎重工業、NECの上位四社だけで百五十五人に上る。天下り数と支払額はほぼ比例しており、「人とカネ」を通じた防衛省と防衛産業の密接な関係が裏付けられた。 

 防衛省は二〇〇九年度調達費(一兆二千六百二十七億円)のうち、上位二十社に九千二百十二億円を支払った。この上位二十社と再就職の関係を本紙が過去十年分調べたところ、防衛相の承認で顧問・嘱託などになった将官や上級の一佐などは三百二十人と判明した。

 過去十年間に防衛相が承認して再就職した総数は八百八十四人で、上位二十社に36%が集中、さらに上位四社で18%を占めた。

 武器は生産できる会社が限られているため、随意契約が多いのが特徴だ。例えば、戦闘機と戦車は三菱重工業しか造れず、潜水艦は同社と川崎造船(川崎重工業の子会社)にしか建造能力がない。

« 米兵が市民を「気晴らし殺人」か アフガン、軍訴追と米紙 | トップページ | オスプレイが沖縄の怒りに拍車 改造内閣はや苦境 »

「国内情勢」カテゴリの記事