無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 米国:北朝鮮機は「ステルス」警戒 布と木、レーダーに映らず | トップページ | 下地氏、知事選出馬を否定 儀間氏と協議へ »

2010年9月17日 (金)

「対中強硬派」前原外相に中国が強く警戒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000936-yom-int

「対中強硬派」前原外相に中国が強く警戒

読売新聞 9月17日(金)19時50分配信
 【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤政権は、尖閣諸島周辺で海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突した事件が日中関係に影を落とすなか、「対中強硬派」と受け止められている前原誠司氏が外相に就任したことに警戒感を強めている。

 関係筋によると、中国側は衝突事件で日本側が船長を逮捕、拘置していることを「これまでにない強硬姿勢」とみており、海保を主管する国土交通省の大臣だった前原氏の力が背後で働いていたと分析している。

 前原氏は民主党代表だった2005年12月、北京の外交学院で講演し、「中国は軍事的脅威」と発言。中国軍幹部との会談でも、中国の軍備増強をめぐり激しい応酬を繰り広げた。このため、中国では前原氏の「対中強硬派」のイメージが定着しており、今年6月に鳩山前首相の退陣を受けて菅首相が就任した際も、「菅氏はくみしやすい相手。タカ派の前原氏でなくて安堵(あんど)した」(中国筋)との見方が支配的だった。

« 米国:北朝鮮機は「ステルス」警戒 布と木、レーダーに映らず | トップページ | 下地氏、知事選出馬を否定 儀間氏と協議へ »

「国際情勢」カテゴリの記事