無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« シール投票③ | トップページ | 産経【主張】防衛白書 当然な海兵隊の役割評価 »

2010年9月13日 (月)

普天間移設に「反対」=市長派が過半数を獲得-名護市議選

名護市議選結果です。名護市民の民さんの選択に敬意を表します。どんなにか大変だったでしょう。よく頑張って頂きました。支援のみなさまもお疲れ様でした。下記の当選者一覧が崩れてしまいました。サイトをご覧下さい。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010091300003
普天間移設に「反対」=市長派が過半数を獲得-名護市議選

 米軍普天間飛行場の移設先とされた、沖縄県名護市の市議選(定数27)は12日に投票、即日開票された。移設反対の稲嶺進市長を支持する市長派が改選前の12議席から16議席に増やし、議会での過半数を獲得した。1月の市長選に続き再度「移設反対」という市民の意思が示されたことになる。
 市長派が過半数を獲得したことで「民意がもう一度確認された」(市幹部)として、移設に対する地元の反発が強まることは確実。政府は、さらに厳しい対応を迫られることになりそうだ。
 同市辺野古への普天間飛行場移設をめぐる賛否が争点だったが、支持者を幅広く獲得するため候補者の多くが選挙期間中は言及を避けた。立候補者は37人で、うち市長派は18人。一方、移設容認の島袋吉和前市長を支持する前市長派は17人が立候補したが、11議席にとどまった。
 投票率は72・07%で、前回(74・06%)を下回り過去最低を更新した。改選前の市議会は市長派が12人、前市長派が12人と同数。今年1月の市長選では、移設反対を訴える稲嶺市長が、容認の立場をとる島袋前市長を破り初当選した。
 稲嶺市長は13日未明、市議選を受けて市役所で記者団に「過半数以上の応援団ができたことで、さらに強く政府に対して堂々と言える環境ができた」と述べた。 (2010/09/13-01:11)
http://www.city.nago.okinawa.jp/gikaisenkyo2010/kaihyou.htm
      候補者氏名      得票数                    候補者氏名      得票数                    候補者氏名      得票数       
      1     岸本 ようへい     1,476.338           14     比嘉 ユ一     973.482           27     かわの 純治     767.000      
      2     仲村 ぜんこう     1,251.000           15     比嘉 カツヒコ     960.475           次     ヤブ 幹男     748.000      
      3     宮城 ヒロコ     1,242.071           16     金城 ヨシヒデ     934.966                 比嘉 たくや     740.366      
      4     岸本 ナオヤ     1,220.770           17     神山 マサキ     901.532                 渡具知 タケヒロ     669.602      
      5     宮城 ヤスヒデ     1,201.036           18     宮城 ヨシフサ     889.767                 トクモト 哲保     651.000      
      6     大城 ヒデキ     1,140.093           19     神山 トシオ     888.467                 岸本 ナオシ     613.890      
      7     翁長 クミコ     1,137.000           20     渡具知 トーヨー     874.397                 嘉数 いわお     575.000      
      8     大城 カツアキ     1,123.077           21     大城 ヨシタミ     864.829                 比嘉 かつみ     550.272      
      9     具志堅 トオル     1,121.000           22     オギドウ 盛光     860.000                 玉城 やすはる     223.255      
      10     東恩納 たくま     1,059.000           23     玉城 ケンイチ     843.744                 宮城 タケシ     143.123      
      11     屋比久 ミノル     1,026.000           24     志良堂 キヨノリ     836.000                 マイク上地 光士     22.000      
      12     金城 カズタカ     999.033           25     比嘉 しのぶ     811.402                                                
      13     コハマ 守男     984.000           26     長山 タカシ     768.000                                                

                                                                                                 
                                                                                                 
                                                                                                 
                                                                                                 
                                                                                                 
                                           
                                                                                                 
                                                                                                 
                                                                                                 
                                                                                                 

« シール投票③ | トップページ | 産経【主張】防衛白書 当然な海兵隊の役割評価 »

民衆の運動」カテゴリの記事