無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日本の強硬姿勢を警戒=尖閣沖衝突事件で中国紙 | トップページ | 防衛白書の要旨詳報  »

2010年9月10日 (金)

在沖海兵隊の意義を強調 2010年版防衛白書

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-10_10064/

在沖海兵隊の意義を強調 2010年版防衛白書
政治

2010年9月10日 10時48分                   
(8時間4分前に更新)

 【東京】政府は10日午前の閣議で、2010年版の防衛白書を決定した。在沖米海兵隊について抑止力の観点で「高い機動性と即応能力がある」として意義や役割を強調。普天間飛行場移設をめぐる現状認識は、県外移設の是非について「海兵隊の機能を損なう」とし、「代替地は県内とせざるを得ないとの結論に至った」と指摘した。「代替施設を決めない限り、普天間が返還されることはない」と明記した。今年は民主党政権がまとめた初の防衛白書。

« 日本の強硬姿勢を警戒=尖閣沖衝突事件で中国紙 | トップページ | 防衛白書の要旨詳報  »

日米関係」カテゴリの記事