無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 外国軍死者2000人超/長期化する戦争、泥沼化/アフガン | トップページ | アフガン撤退開始時期、駐留米軍司令官が慎重な見方 »

2010年8月16日 (月)

靖国参拝、超党派「議員の会」から41人 閣僚はゼロ

http://www.asahi.com/politics/update/0815/TKY201008150181.html
靖国参拝、超党派「議員の会」から41人 閣僚はゼロ

参拝に訪れた「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の議員ら=15日午前、東京都千代田区の靖国神社、安冨良弘撮影

 超党派でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久参院副議長)の所属議員は15日、靖国神社に集団参拝した。同会によると、参加者は衆院20人、参院21人の計41人で、政党別では自民26人、民主11人、たちあがれ日本2人、みんなの党1人、国民新1人。

 参拝後に会見した同会事務局長の水落敏栄参院議員は、菅内閣の閣僚全員が参拝しなかったことについて「戦没者に敬意と感謝をささげることは党派、イデオロギーを超えたものと思っている。そうした点から残念だ」と批判した。

 このほか、自民党の谷垣禎一総裁も同日、大島理森幹事長とともに参拝した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100815-OYT1T00845.htm

靖国参拝見送り、中韓に配慮…自民との違い強調
全国戦没者追悼式に出席する菅首相(左)と谷垣自民党総裁(後方右端)ら

 菅首相と全閣僚が15日の靖国神社参拝を見送ったのは、中国や韓国などアジア諸国に配慮するとともに、自民党政権との違いをアピールする狙いもあるとみられる。

 首相は15日午前、静養先の長野県軽井沢町から帰京して公務に復帰。千鳥ヶ淵戦没者墓苑で献花した後、全国戦没者追悼式に出席した。靖国神社には首相や閣僚だけでなく、副大臣、政務官も参拝しなかった。

 首相は就任直後の6月、参院本会議で「首相や閣僚の公式参拝は問題がある」と述べるなど、首相在任中は参拝を見送る意向を繰り返し表明してきた。今月10日には日韓併合100年を機に「痛切な反省と心からのおわび」を表明する首相談話を閣議決定するなど、アジア重視の姿勢を前面に打ち出している。

 ただ、民主党からは15日、羽田雄一郎参院国会対策委員長らが靖国神社を参拝するなど、党内に保守系議員も少なくない。首相談話の決定経緯や内容には党内から不満も出ており、追悼式での首相式辞は、昨年の麻生元首相とほぼ同じ内容だった。

 民主党は昨年の衆院選前に作成した政策集で、新国立追悼施設の設置を明記しているが、菅首相は「9月の党代表選に向け批判材料を減らしたい」(周辺)として、2011年度予算への調査費計上は見送る考えだ。
(2010年8月16日00時23分  読売新聞)

民主党で今年誰が参拝したかデータがないが、
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会のメンバーは以下の通り。

    * 網屋信介
    * 石田勝之
    * 小沢一郎
    * 金子洋一
    * 川内博史
    * 鈴木克昌
    * 橘秀徳
    * 中津川博郷
    * 長尾敬
    * 萩原仁
    * 羽田孜(元総理大臣)
    * 羽田雄一郎
    * 原口一博
    * 前田武志
    * 笠浩史
    * 渡部恒三

« 外国軍死者2000人超/長期化する戦争、泥沼化/アフガン | トップページ | アフガン撤退開始時期、駐留米軍司令官が慎重な見方 »

「国内情勢」カテゴリの記事