無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 福島みずほさんの社民党全国代表者会議での挨拶 | トップページ | 「韓国併合」100年 過ち繰り返さない未来を/韓国各地で集会、行進/「慰安婦」解決など日本に要求 »

2010年8月30日 (月)

菅・小沢・鳩山3者会談を調整へ 首相と鳩山氏が会談

http://www.asahi.com/politics/update/0829/TKY201008290301.html
菅・小沢・鳩山3者会談を調整へ 首相と鳩山氏が会談

 菅直人首相は29日夜、民主党代表選をめぐり首相公邸で鳩山由紀夫前首相と約40分間会談し、近く小沢一郎前幹事長を加えた3者会談を目指すことで一致した。党内に首相と小沢氏の対決回避を求める声があることに配慮した。ただ、両陣営は選挙態勢を固めつつあり、打開策で合意できるかどうかは不透明だ。

 この日の会談では鳩山氏が首相に対し、挙党態勢に向けて小沢氏の協力を得るよう努力すべきだと提案。首相も受け入れ、30日にも鳩山氏の仲介で3者会談を目指すことになった。会談前に、鳩山氏と小沢氏、輿石東参院議員会長の3氏による会談も調整される見通しだ。

 ただ、鳩山氏は協議が不調に終われば、小沢氏を支持する姿勢は変えていない。鳩山氏は27日、小沢氏を支持する理由について「総理に導いていただいたご恩返し」と表明。菅首相とのこの日の会談後、自宅前で「当然、私の考えを伝えた」と語った。

 鳩山氏は29日午前にロシアから帰国し、東京都内で仙谷由人官房長官と会談したほか、輿石氏ら党幹部や古賀伸明連合会長らとも電話で協議した。

 その後、同日夕には都内であった鳩山グループの会合に出席。この席で、鳩山氏は「菅首相と小沢氏の会談には汗をかくが、できなかったら小沢氏を徹底的に支持する」と語った。同グループは今後の対応を鳩山氏に一任した。

 首相は同日、訪問先の兵庫県芦屋市で記者団に「(鳩山氏がロシアから)帰られたらいろいろ相談に乗って下さいと申し上げ、ご了解頂いていた」と強調。仙谷氏も同日夕、「深刻な事態にならないように私も努力したい。(対決回避の可能性は)十二分にある」と語った。

 ただ、小沢氏は立候補に向けた準備を着々と進めており、側近は「菅首相が小沢氏に党運営を全面的に任せると言わない限り、打開は難しいだろう」と述べている。

« 福島みずほさんの社民党全国代表者会議での挨拶 | トップページ | 「韓国併合」100年 過ち繰り返さない未来を/韓国各地で集会、行進/「慰安婦」解決など日本に要求 »

「国内情勢」カテゴリの記事