無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「言葉より行動」「喜ぶべきだ」=首相談話を大々的報道-韓国各紙 | トップページ | 社民党首、米大使と会談=「辺野古」撤回求める »

2010年8月11日 (水)

菅首相談話と過去の談話の比較

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010081000988
菅首相談話と過去の談話の比較

▽細川護煕首相発言
 1993年11月6日 慶州での日韓首脳会談
 わが国の植民地支配によって、朝鮮半島の人々が母国語教育の機会を奪われたり、姓名を日本式に改名させられたり、従軍慰安婦、徴用など耐え難い苦しみと悲しみを経験されたことに、加害者として心から反省し、深く陳謝したい。
▽村山富市首相談話
 1995年8月15日 戦後50年
 わが国は遠くない過去の一時期、国策を誤り、植民地支配と侵略によって多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた。疑うべくもない歴史の事実を謙虚に受け止め、あらためて痛切な反省の意を表し、心からおわびの気持ちを表明する。
▽日韓共同宣言(小渕恵三首相と金大中大統領)
 1998年10月8日 金氏訪日
 小渕首相は、わが国が過去の一時期、韓国国民に対し植民地支配により多大の損害と苦痛を与えたという歴史的事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのおわびを述べた。
▽小泉純一郎首相談話
 2005年8月15日 戦後60年
 わが国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた。歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明する。
▽菅首相談話
 2010年8月10日 日韓併合100年
(新しい点)
 韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられた。
 日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の貴重な図書について、近くお渡ししたい。
 将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いた地域の平和と安定のために協力してリーダーシップを発揮する。
(過去の談話を踏襲した点)
 植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明する。未来志向の日韓関係を構築していく。(2010/08/10-20:55)

« 「言葉より行動」「喜ぶべきだ」=首相談話を大々的報道-韓国各紙 | トップページ | 社民党首、米大使と会談=「辺野古」撤回求める »

「国際情勢」カテゴリの記事