無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国連事務総長あいさつ(要旨)=広島原爆忌 | トップページ | 辺野古移設は困難=沖縄県知事 »

2010年8月 6日 (金)

「核抑止力は引き続き必要」菅首相、平和祈念式後に

核の傘必要論の菅首相は、昨年の秋葉発言、核は廃絶されることにのみ意義がある、がわかっていない。核をもって核を制するという抑止力論はもはや時代遅れなのだ。
仙石氏は法制化しないというが、本当に堅持する気なら法制化したらどうか。3原則を止めようなどという輩が出てきている昨今だからこそ。(高田)

http://www.asahi.com/politics/update/0806/TKY201008060151.html
「核抑止力は引き続き必要」菅首相、平和祈念式後に

 菅直人首相は6日午前、原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(平和記念式)に出席後、広島市内で記者会見し、「核抑止力は、我が国にとって引き続き必要だ」と述べた。広島市の秋葉忠利市長が平和宣言で「核の傘」からの離脱を求めたことへの対応を問われたのに対して答えた。記念式では「核の傘」への言及は避けていた。

 一方、秋葉市長が求めた非核三原則の法制化について、首相は「非核三原則を堅持する方針に変わりはない」と述べた。ただ、仙谷由人官房長官は6日午前の会見で「改めて法制化する必要はない」と否定的な認識を示した。

 また、首相は平和記念式で明らかにした「非核特使」構想について「政府として応援するため取り組みたい」と語り、原爆被爆者を「非核特使」に任命し、国際会議などで核兵器の非人道性を訴えられるよう取り組む考えを表明。北朝鮮の核開発をめぐる6者協議については「韓国の哨戒艦沈没事件に北朝鮮の関与が明らかになった問題もあり、何事もなかったように(協議)再開するのは難しい」と話した。

« 国連事務総長あいさつ(要旨)=広島原爆忌 | トップページ | 辺野古移設は困難=沖縄県知事 »

「国内情勢」カテゴリの記事