無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 首相の「反省」、中国が速報 靖国不参拝も伝える | トップページ | 政府「日米共同宣言」案 中国潜水艦の監視強化 普天間先送りで配慮 »

2010年8月17日 (火)

比例代表削減すれば小党危機に 二大政党化は一層進展

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081301000790.html

比例代表削減すれば小党危機に 二大政党化は一層進展

 国会議員の定数削減問題に関連し、民主党の一部で「最も早く現実的」とささやかれる「比例代表で衆院80、参院40削減」が実施された場合、議席占有率が上昇し二大政党制が一層進む一方、小政党は議員数が激減、党の存亡にもかかわりかねないことが13日、削減後の“定数”を過去3回の衆参両院選挙に当てはめた共同通信の試算で分かった。

 国民の多様な声の反映が求められている中で、定数削減に向けた各党の丁寧な論議が求められそうだ。

 試算は、衆院の比例代表定数を100とし、05年の国勢調査人口を基に現在と同じ方法であらためて割り振った。各ブロックの定数は最も少ない四国が3となり、最も多い近畿でも13減って16となる。

 これを09年衆院選結果に当てはめると、民主党の獲得議席は87から54に、自民党は55から30議席に。公明党は21が10に、共産党は9が4とほぼ半減、みんなの党も3が2に、社民党は4が0となった。

 これに07年と10年の参院選を加えた、3回の選挙を基にした各党の衆参国会議員の合計は、民主党365人、自民党172人、公明党23人、みんなの党11人、共産党8人、社民党5人、国民新党4人などとなった。

« 首相の「反省」、中国が速報 靖国不参拝も伝える | トップページ | 政府「日米共同宣言」案 中国潜水艦の監視強化 普天間先送りで配慮 »

「国内情勢」カテゴリの記事