無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛隊でのクーデターの話 | トップページ | 海をゆく巨龍:転換期の安保2010 海賊対策で日中交流 アデン湾で両指揮官会談 »

2010年8月 8日 (日)

F35選定に向け調査費 次期主力戦闘機、概算要求に最大10億円

F35は1機86億円という。その導入の調査費に10億円をかけるというのである。下欄にF35関係のサイトを引用しておく。(高田)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100808/plc1008080131002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100808/plc1008080131002-n2.htm
F35選定に向け調査費 次期主力戦闘機、概算要求に最大10億円
次期主力戦闘機(FX)の機種選定をめぐり、防衛省は7日、平成23年度予算案の概算要求に初めて調査費を計上する方向で最終調整に入った。米英などが共同開発中のF35ライトニング2の技術情報について、米政府に開示を求める費用として最大で約10億円の計上を想定。21年度に調達を開始する当初予定から大幅に遅れているFX問題は、F35の選定に向け、大きく動き出す。

 米国が多国間で共同開発する装備品について、日本が有償軍事援助(FMS)契約で米側に情報開示を求めるのは初めて。ただ、米国以外の国が日本優遇に難色を示す恐れもある。また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)移設問題で日米同盟がきしむなか、曲折も予想される。

 F35は最新鋭の第5世代機。航空自衛隊のF4の後継を決めるFXの候補としては、ほかに米国のFA18E/F、欧州共同開発のユーロファイターが残っているが、ともに第4世代機。レーダーに捕捉されにくいステルス性において第5世代機が格段に優れている。

 このため、空自にはF35導入を求める声が強い。共同開発に参加していない韓国が今秋にもF35の情報開示を請求するとされ、日本が出遅れることへの懸念もあり、調査費計上にカジを切った。

 年末に改定する防衛力整備の基本方針「防衛計画の大綱」と、来年度から5年間の「中期防衛力整備計画」の検討過程でも、F35を軸に機種選定作業を加速させる。F35の技術情報が開示されれば、ステルス性や装備などを精査し、導入の是非を最終判断する。

 ただ、F35の開発は遅れており、導入時期は不透明。それまでの間、国内の戦闘機の生産・技術基盤維持のため、国内に生産ラインが残るF2戦闘機の追加調達も引き続き検討する。

    ◇

 F35ライトニング2 米、英、オランダ、イタリアなど9カ国が共同開発中。機体設計やシステム統合といった主要な開発は米ロッキード・マーチン社が担当した。ステルス性に加え、敵の戦闘機の位置などの情報を集約するコンピューターシステムの向上により、戦闘能力が高い。2006年に初飛行したが、開発の遅れで米空軍の配備開始は予定より2年遅い2015年にずれ込む見通し。

http://ja.wikipedia.org/wiki/F-35_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/367795/

« 自衛隊でのクーデターの話 | トップページ | 海をゆく巨龍:転換期の安保2010 海賊対策で日中交流 アデン湾で両指揮官会談 »

「国内情勢」カテゴリの記事