無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« FX選定 F35に一本化へ 23年度概算要求 7億円計上 | トップページ | 県内移設反対派が沖縄へ=普天間、代表選争点化狙う-民主 »

2010年8月24日 (火)

9条 次世代へつなぐ

http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000251008230003
9条 次世代へつなぐ

2010年08月23日

町を歩き、若者に署名を求める「みかわ九条の会」の我孫子冨子さん(左端)と教え子で同会事務局長の小林茂さん(右端)=三川町横山

九条を守ろう県民連絡会の発足時に講演した井上さん=2005年6月、天童市の市民文化会館、九条を守ろう県民連絡会提供

 護憲…平和を守るのは一人一人の意志

 〈軍備の「ぐ」の字(づ)も無し(なす)で国ば作(つぐ)ってみせ(しぇ)る。軍備抜ぎで、小さ(ちゃっこ)いながらも一個の国家ば持ち(づ)こだえてみせ(しぇ)る〉

  都内で6月に開かれた「九条の会」の井上さんの志を受け継ぐ講演会で、代表作『吉里吉里人』の一節が朗読された。選んだのはユリ夫人だ。「なまりが面白く、まじめな人が集まる会にぴったりだと思った。言葉を道具に働く作家として、どうしたら9条を多くの人に伝えられるか苦心していた」

 苦心の結実の一つが『子どもにつたえる日本国憲法』だろう。井上さんは9条をこうかみ砕いた。

 〈どんなもめごとが起こっても/これまでのように、軍隊や武器の力で/かたづけてしまうやり方は選ばない/殺したり殺されたりするのは/人間らしい生き方だとは考えられないからだ(中略)筋道をたどってよく考えて/ことばの力をつくせば/かならずしずまると信じるからである/よく考えぬかれたことばこそ/私たちのほんとうの力なのだ〉

 各地での講演会では客観的なデータも駆使。「第1次世界大戦では死者の95%が軍人で、民間人は5%だった。第2次大戦では軍人52%、民間人48%と激変。朝鮮戦争では16%と84%。ベトナム戦争では5%が軍人で、95%が民間人。これは国連の調査です。戦争で死ぬのは圧倒的に我々民間人なのです」などと力説した。

 井上さんらが2004年に立ち上げた九条の会は、草の根運動として全国に広がっている。翌05年6月に県内に「九条を守ろう県民連絡会」が発足した際、井上さんは講演し、「平和を守るのは一人一人の意志です。なんと言っても一人一人なんです。県内の隅々に九条の会を作りましょう」と強調した。「(故郷の)山形でやるなら要りません」と旅費や謝礼は一切受け取らなかったという。

 人口約7700人の三川町にも5年前に「みかわ九条の会」ができた。医者や農家など様々な肩書の60人が勉強会を開いたり、戦争体験や憲法への思いなどを載せたかわら版を出したりしている。署名活動にも力を入れ、昨年4月、集めた署名の数は住民の半数を突破した。

 中心にいるのは、1人で3千筆以上集めた元小学校教師の我孫子冨子さん(85)だ。自公政権下での改憲の動きに危機感を募らせ、「平和を子どもたちに残したい」と井上さんらの行動に共鳴した。

 最初の1年間はほぼ毎日、住宅地図を塗りつぶしながら町内を歩き回り、「9条って分かる?」と声をかけ続けた。今も9、19、29と9がつく日は署名集めの日だ。

 「本音で話し合って自分の願いに共感してもらえる喜びがある。世界旅行よりも楽しい」

  もちろん何度足を運んでも平行線の人もいる。それでも「悩みながら、心を動かす言葉で語り合っていきたい」。最初は拒まれたが「お孫さんが徴兵されたら嫌だのお」と切り込み、納得してもらったことも。自民党員だった元町議会議長も応じてくれた。

 井上さんは「日本の憲法は自分の友だちの一人だ。とくに9条、(国民の生存権を保障する)25条は親友中の親友だから、彼らを裏切ることはできない」と語ったことがある。「同じ気持ちです」と言う我孫子さんは、10歳下の井上さんの遺志を継ぐ決意だ。

 「どれだけ生きられるか分からないけど、9条のバトンをしっかりと次世代に手渡したい」

【九条の会】
 戦争放棄・戦力不保持・交戦権の否定を規定した憲法9条を守ろうと、2004年6月に発足した。呼びかけ人は井上さんのほか、梅原猛さん、大江健三郎さん、奥平康弘さん、小田実さん(故人)、加藤周一さん(同)、澤地久枝さん、鶴見俊輔さん、三木睦子さんの9人。趣旨に賛同する会が地域や職種などの分野別に広がっており、全国の総数は約7500団体。県内には現在97団体ある。活動は勉強会や寸劇、署名集めなど様々。井上さんは「会長がいない、会費は取らない、会則もない組織。上も下もなく、それぞれの会が世界の中心です」と話していた。

« FX選定 F35に一本化へ 23年度概算要求 7億円計上 | トップページ | 県内移設反対派が沖縄へ=普天間、代表選争点化狙う-民主 »

民衆の運動」カテゴリの記事