無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 菅首相談話と過去の談話の比較 | トップページ | 普天間移設「大統領訪日までに結論」 米が要求 »

2010年8月12日 (木)

社民党首、米大使と会談=「辺野古」撤回求める

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010081100889
社民党首、米大使と会談=「辺野古」撤回求める

 社民党の福島瑞穂党首は11日夕、都内の米国大使公邸でルース駐日大使と会談した。福島氏は、日米共同声明に明記された米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設について「辺野古に基地は造れない。米国は民主主義の国だから、(沖縄の)民意は大事にしてほしい」と撤回を求めた。ルース大使は「理解を得ながら進めたい」と述べた。
 一方、福島氏は、広島市での平和記念式典へのルース氏の出席に謝意を表明。両氏は核廃絶に向けた取り組みが重要との認識で一致した。 (2010/08/11-23:04)

« 菅首相談話と過去の談話の比較 | トップページ | 普天間移設「大統領訪日までに結論」 米が要求 »

日米関係」カテゴリの記事