無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(126)カナヘビ | トップページ | 米太平洋軍司令官と会談=菅首相 »

2010年8月24日 (火)

<米国>カーター元大統領訪朝へ 米国人解放交渉で 米誌

1994年のカーター訪朝は私の講演を聴いた人にはおなじみの事件だ。またやってるよ、という感じだ。瀬戸際外交というのでもなし、チキンレースというのでもなし、私の語彙が不足してしまいます、あまりにこんなみえみえなことを見せつけられると。
初代のキムさんのまねを2代目が、3代目をまえにやってみせるという感じでしょうか。私も先代と同じようにカーターに頭を下げさせたのだよ、ってか。すきじゃないねえ、こんなのは。それにしてもアメリカという国はなりふり構わず、自国民を救うというパフォーマンスをやる国だね。アフガンで捕まっている日本人ジャーナリストは忘れられてしまっているのに。安倍さんか、福田さん、麻生さんあたりは行きますか。(高田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100824-00000025-mai-int

<米国>カーター元大統領訪朝へ 米国人解放交渉で 米誌

8月24日11時14分配信 毎日新聞
 【ワシントン草野和彦】米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」(電子版)は23日、北朝鮮に拘束されている米国人男性の解放交渉のため、カーター元大統領が訪朝すると伝えた。AP通信は24日に出発する見通しと報じた。カーター氏は94年に訪朝し、故金日成(キム・イルソン)主席と会談。その後、米朝協議が再開したことがあるが、今回は民間人の立場で、人道目的に限った訪朝という。

 米国人男性はアイジャロン・マリ・ゴメス氏(31)で今年1月、北朝鮮に不法入国したとして拘束され、8年の労働教化刑を言い渡された。国務省当局者と医師が今月9~11日に訪朝し、面会して健康状態を確認するとともに解放を求めたが、北朝鮮側が拒否した。

 クローリー国務次官補(広報担当)は16日、解放に向けて「北朝鮮と協議を続ける」と述べており、その後、カーター氏訪朝で米朝が折り合いを付けた可能性がある。

 米朝間では昨年8月、クリントン元大統領が訪朝し、北朝鮮に拘束された米国人の女性記者2人の解放交渉が成立した経緯がある。

 北朝鮮による韓国哨戒艦沈没事件以降、6カ国協議再開を巡る動きは停滞している。だが、米マンスフィールド財団のゴードン・フレーク所長は「クリントン氏訪朝と同様、今回も人道目的のみ。オバマ政権は現在、核問題での急展開は求めていない」として、カーター氏訪朝に政治的な意図はないと分析している。

« 雑記(126)カナヘビ | トップページ | 米太平洋軍司令官と会談=菅首相 »

「国際情勢」カテゴリの記事