無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« <民主代表選>小沢氏が出馬表明 鳩山氏の支持受け | トップページ | 「地元 だましたのか」 名護・宜野座 憤りの声/飛行経路変更 »

2010年8月26日 (木)

野党側、小沢氏出馬に批判と警戒感

http://www.asahi.com/politics/update/0826/TKY201008260220.html
野党側、小沢氏出馬に批判と警戒感

 民主党代表選への小沢一郎前幹事長の出馬表明に、野党から反応が相次いだ。政治とカネの問題で幹事長を辞めたばかりの小沢氏の再登場を批判する一方で、菅直人首相との一騎打ちが民主党分裂、さらには政界再編のきっかけになるのではと身構えている。

 自民党の谷垣禎一総裁は26日午前、記者団に対し「参院選前に退いた方がまた挑戦するのはどういうことか」と批判。ただ、「どういう結論が出るか、かたずをのんで見守る」とも語った。

 ある党幹部は「民主党が分裂すれば政界再編だ。自民党がまとまれば主導権を握れる。引き締めないと」。別の党幹部は「権力闘争だから自民党もどうなるかわからん」と、政界の流動化が自民党に波及することを警戒する。

 社民党では小沢氏出馬への評価が割れた。福島瑞穂党首は「誰が代表でも是々非々で」と語ったが、ある党幹部は「政治とカネの問題で(幹事長を)辞めたばかりの人が首相になるのはあり得ない」。一方、別の党幹部は「いまの民主党政権は頭でっかちで何もできない。小沢さんしかいない」と述べた。

 たちあがれ日本の園田博之幹事長は、民主党代表選が政界再編の契機になることが「望ましい」と指摘した。新党改革の舛添要一代表は「小沢氏は首相になれば説明責任が出てくるので大変良い」と語った。

« <民主代表選>小沢氏が出馬表明 鳩山氏の支持受け | トップページ | 「地元 だましたのか」 名護・宜野座 憤りの声/飛行経路変更 »

「国内情勢」カテゴリの記事