無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 新たな防衛計画の大綱に向けた提言 日本経団連 | トップページ | 沖縄知事選後に先送り=普天間決着で政府方針-複数案、米も了承 »

2010年7月29日 (木)

社民の又市氏、執行部は総辞職を=参院選総括、福島党首は結束求める

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
社民の又市氏、執行部は総辞職を=参院選総括、福島党首は結束求める

 社民党は29日午前、党本部で三役会と常任幹事会を開き、先の参院選敗北の総括作業を本格化させた。福島瑞穂党首は常任幹事会で、自らの続投を念頭に「党をきちんと残すにはどうしたらいいのか。党の危機は全党員で乗り切っていくしかない」と表明。党が存亡の危機に立たされているとの現状認識を示し、結束を呼び掛けた。これに対し、又市征治副党首ら幹部から福島氏らの辞任を求める声が上がった。
 参院選敗北に続き、次期党首の最有力候補と目された辻元清美衆院議員が離党を表明したことを受け、党内では福島氏の党運営に対する批判が強まっている。午後のブロック事務局長会議でも福島氏の責任論が噴出する可能性がある。
 常任幹事会などの席上、又市氏は「執行部は総辞職すべきだ」と強調。「総辞職しなければ自分一人でも辞める」として、福島氏に党首交代を迫った。照屋寛徳国対委員長も「(福島氏と重野安正幹事長は)自ら身を引くべきだ」と自発的辞任を求めた。福島氏は返答を避けた。
 常任幹事会では参院選の総括と党再建策について、来月5日にも両院議員懇談会を開き改めて議論することを確認。辻元氏に対しては「政党人としてのモラルの問題だ」(重野氏)と批判する声も出たが、引き続き慰留に努めることになった。 
 福島氏ら執行部は常任幹事会に、「参院選は極めて厳しい結果となった。最大の特徴はみんなの党の躍進と既成政党の落ち込みだ」などとする総括案を提示。午後のブロック事務局長会議で地方組織にも示し、来月27日の全国代表者会議に向けて全党的な総括論議をスタートさせる。(2010/07/29-13: 00)

« 新たな防衛計画の大綱に向けた提言 日本経団連 | トップページ | 沖縄知事選後に先送り=普天間決着で政府方針-複数案、米も了承 »

「国内情勢」カテゴリの記事