無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 海自潜水艦、初増強 中国海軍の動きに対抗 防衛大綱改定 | トップページ | 社民・又市副党首「執行部刷新を」 »

2010年7月25日 (日)

ソマリア沖へ補給艦検討=外国艦船に洋上給油-政府

既報だが、また出てきたので採録。全く、自民党と同じ発想だ。まっ防衛産業と、防衛官僚の考えだから一緒か。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010072400217
ソマリア沖へ補給艦検討=外国艦船に洋上給油-政府

 政府は24日、アフリカ・ソマリア沖の海賊対策として、海上自衛隊の補給艦を新たに派遣する方向で検討に入った。現地で海賊と対峙(たいじ)する各国艦船への洋上給油ができるよう、9月召集見通しの本格的な臨時国会への関連法案提出を目指す。政府はスーダンでの国連平和維持活動(PKO)への自衛隊派遣を見送ったばかりで、今後はソマリア沖への補給艦派遣を日本の新たな国際貢献活動としてアピールしたい考えだ。
 ソマリア沖では現在、海賊対処法に基づき、海自の護衛艦とP3C哨戒機が活動中。政府は先に、海自の派遣期間を今月24日から1年間延長することを決めたが、同法が規定していない他国艦船への給油を可能にするため、新法案か法改正案の取りまとめに向け、検討に着手した。 
 海賊対策に参加する各国艦船は、現状では給油のために周辺国に寄港する必要があり、日本に対し補給艦派遣の要望は強かった。これに関し、折木良一統合幕僚長は22日の記者会見で「(洋上)補給によって寄港が減る。運用の効率性から言えば、有効ではないか」と補給艦派遣の意義を強調した。
 ソマリア沖への補給艦派遣をめぐっては、北沢俊美防衛相が昨年10月、インド洋での給油活動から撤退する海自部隊の転用を検討する考えを表明。このときは実現しなかったが、防衛省幹部は「リスクが少ない割に貢献度の高い任務」と指摘していた。ただ、参院選の結果、衆参両院の多数派が異なる「ねじれ」が生じ、関連法案が成立するかは不透明な情勢で、補給艦派遣の実現は曲折をたどりそうだ。(2010/07/24-15:22)

« 海自潜水艦、初増強 中国海軍の動きに対抗 防衛大綱改定 | トップページ | 社民・又市副党首「執行部刷新を」 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事