無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「オバマ氏は社会主義」 米政権批判、目立つフレーズ | トップページ | 日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に »

2010年7月17日 (土)

ソマリア沖海賊対策:NATO 自衛隊補給艦の派遣求める

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100717k0000m010166000c.html
ソマリア沖海賊対策:NATO 自衛隊補給艦の派遣求める

 東アフリカ・ソマリア沖の海賊対策を巡り、北大西洋条約機構(NATO)が日本政府に対し、海賊対策に従事しているNATO軍艦船の給油のため、自衛隊の補給艦を派遣するよう求めていることが16日、分かった。政府は給油活動の可能性について検討するが、補給艦を現地に派遣して給油活動を行うには、海賊対処法改正か新法制定が必要になる。

 NATOは米国を中心とした軍事同盟で、8日に東京都内で開かれた日・NATO高級事務レベル協議で給油活動を要請。同協議は年1回、定期的に行われており、日本側は外務省の佐々江賢一郎外務審議官、防衛省の大江博防衛政策局次長、NATO側からは事務総長補が出席した。

 海賊対策は自公政権下の09年3月、海上警備行動に基づき、護衛艦2隻の派遣で始まった。同7月には根拠法を海賊対処法に切り替えている。当時は海上自衛隊がインド洋で、テロ対策に従事する各国艦船に対し給油活動を実施しており、海賊対処法では外国船への給油は想定していなかった。

 しかし、民主党政権が今年1月、自民党などの反対を押し切り、インド洋の給油活動から撤退。政府は16日、海賊対処法に基づく対処要項を閣議決定し、海賊対策を来年7月23日まで1年間延長した。インド洋の給油活動に代わる新たな国際貢献策として、海賊対策での給油活動を模索している。【仙石恭】

« 「オバマ氏は社会主義」 米政権批判、目立つフレーズ | トップページ | 日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事