無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« ソマリア沖海賊対策:NATO 自衛隊補給艦の派遣求める | トップページ | 自衛隊の海賊対策、ジブチに拠点建設へ 長期化に備え »

2010年7月17日 (土)

日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010071601000993.html
日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に

2010年7月16日 21時16分

 政府は16日、「日韓併合100年」を迎える8月に向け、韓国国民に過去の植民地支配へのおわびの意を示す方向で検討に入った。韓国の意向に配慮することで、歴史問題に一定の区切りを付けたい考えだ。

 「首相談話」発表も視野に入れているが、日本国内には閣議決定が必要な首相談話をあらためて出すことへの根強い反発もあり、世論の動向を見極めながら慎重に判断していく。

 これに関連し、岡田克也外相は16日午後の記者会見で、村山富市、小泉純一郎両元首相が「植民地支配と侵略」への反省とおわびを談話で表明したことに触れ、「(日韓併合)100年という区切りの年に、政府としてどう対応するか検討している」と説明した。

 外交筋によると、韓国は日本政府に対し、日本による支配からの解放を祝う「光復節」(8月15日)に合わせた首相談話発表への期待感を伝達している。

 また、在京の韓国政府筋は「同時期に菅直人首相が韓国を訪問すれば、韓日関係が前進するのは間違いない」と述べた。
(共同)

« ソマリア沖海賊対策:NATO 自衛隊補給艦の派遣求める | トップページ | 自衛隊の海賊対策、ジブチに拠点建設へ 長期化に備え »

「国際情勢」カテゴリの記事