無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に | トップページ | 社民県連20日開催で呼び掛け 知事選統一候補 県政野党4党協議2010年7月17日 »

2010年7月17日 (土)

自衛隊の海賊対策、ジブチに拠点建設へ 長期化に備え

http://www.asahi.com/politics/update/0717/TKY201007170278.html
自衛隊の海賊対策、ジブチに拠点建設へ 長期化に備え

 16日の閣議で1年延長が決まったソマリア沖・アデン湾での自衛隊の海賊対策の活動に関連し、防衛省は空中からパトロールにあたっている哨戒機用の施設をアフリカ・ジブチの空港に約40億円かけて建設する。海賊行為が後を絶たず、活動の長期化に備えることにした。

 海上自衛隊は昨年6月から哨戒機P3C2機をジブチに派遣。防衛省によると、これまで飛行回数は264回、不審な船などに関する他国への情報提供は約2190回に上った。だが、担当部隊は現在、寝泊まりする隊舎や倉庫などをジブチ国際空港滑走路の南側にある米軍基地で無償で「間借り」。哨戒機の駐機場所との移動が車で20~30分と不便なため、自前の施設を整備することにした。

 計画では、滑走路の北西側12ヘクタールの土地をジブチ政府から賃借し、駐機場や隊舎、格納庫などを整備する。近く着工し、来年春ごろに完成する予定だ。活動に当たる人員も150人から180人規模に増やす。

 各国は海賊取り締まりを強化しているが、海賊行為は2009年には217件発生。今年も7月10日現在で101件とペースは落ちておらず、警戒監視活動の長期化が避けられない見通しだ。

 施設について「海外基地建設では」との指摘もあるが、防衛省は「恒久的とは考えていない。プレハブをちょっと強化したような形」と説明。あくまで「活動拠点」と強調している。(河口健太郎)

« 日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に | トップページ | 社民県連20日開催で呼び掛け 知事選統一候補 県政野党4党協議2010年7月17日 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事