無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間、決着は知事選以降=「県民世論、選挙に表れる」-北沢防衛相 | トップページ | ソマリア給油支援を検討、衆参「ねじれ」壁に »

2010年7月20日 (火)

普天間、決着は知事選以降=「県民世論、選挙に表れる」-北沢防衛相

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2010072000397
普天間、決着は知事選以降=「県民世論、選挙に表れる」-北沢防衛相

 北沢俊美防衛相は20日昼の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、沖縄県も含めて日米両国で最終合意を得る時期について「県民世論が選挙に表れることを考えれば、知事選以降でないとはっきりしたことは言えないと思う」と述べ、11月に予定される沖縄県知事選後にずれ込むとの見通しを示した。
 5月の日米共同声明では、8月末までに専門家協議で代替滑走路の場所や工法について結論を出すとしている。これに関し、北沢氏は「事務方の協議が進んでいけば、米側にもかなり、沖縄の政治情勢を理解してもらえると思う」と述べた。 
 専門家協議での結論については、「コンクリートされた(固まった)ものを沖縄に持って行くと、全くの頭越しということになる。日米間ではこの案が1番、2番がこれ、という感触は得ると思う」と述べ、複数案とする方向で調整する考えを示した。(2010/07/20-13:43)

« 普天間、決着は知事選以降=「県民世論、選挙に表れる」-北沢防衛相 | トップページ | ソマリア給油支援を検討、衆参「ねじれ」壁に »

日米関係」カテゴリの記事