無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「普天間」でも政府機能不全 当事者意識なき合意先送り論 | トップページ | 日英共同声明、年内にも策定=アフガン支援などで連携 »

2010年7月16日 (金)

普天間専門家協議を再開=現行計画の修正検討-日米

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010071600226
普天間専門家協議を再開=現行計画の修正検討-日米

 【ワシントン時事】日米両政府は15日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に関する外務・防衛当局の専門家協議をワシントンの国務省で開いた。参院選後の同協議は初めて。日米で合意した8月末の期限に向け、代替施設の工法や位置などについて検討を行った。
 日本側は、同県名護市辺野古沿岸に2本の滑走路をV字形に配置する2006年の日米合意を修正、滑走路を1本とし、沖合に移動させる案を検討している。5月の両政府の共同声明では海兵隊の運用上の必要性を満たすとともに環境面など地元に配慮することが明記されており、こうした修正の可能性について意見交換したもようだ。 
 協議には外務省の船越健裕日米安全保障課長、防衛省の芹沢清日米防衛協力課長、ケビン・メア国務省日本部長らが出席した。16日も続行する。(2010/07/16-10:07)

« 「普天間」でも政府機能不全 当事者意識なき合意先送り論 | トップページ | 日英共同声明、年内にも策定=アフガン支援などで連携 »

日米関係」カテゴリの記事