無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 社民 憲法改正議論の進展懸念 | トップページ | 共産が公認候補擁立=香川知事選 »

2010年7月22日 (木)

思いやり予算削減求める方針、米側と交渉

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000666-yom-pol

思いやり予算削減求める方針、米側と交渉

7月22日15時1分配信 読売新聞
 在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)に関する日米両国の特別協定が来年3月末で期限切れとなることに伴い、政府は22日、同予算の削減を米側に求める方針を固めた。

 日米両政府は同日午後、新たな協定策定に向けた交渉を開始し、日本側は、光熱水費(2010年度249億円)を将来的に節減するため、米軍住宅への太陽光発電の導入など省エネ・環境対策を提案する見通しだ。

 米側も、太陽光発電の導入には前向きだ。

 交渉は、東京都新宿区市谷本村町の防衛省で2日間の日程で行われる。

 特別協定に基づく10年度の予算額は計約1412億円。今回は、民主党が野党時代に批判していた〈1〉米軍基地内のゴルフ場など娯楽性の高い職種を含む従業員給与〈2〉日本以外の国は負担していないとされる光熱水費――の削減などが焦点となる。行政刷新会議も昨年の「事業仕分け」で思いやり予算の見直しを求めた。

最終更新:7月22日15時1分

« 社民 憲法改正議論の進展懸念 | トップページ | 共産が公認候補擁立=香川知事選 »

日米関係」カテゴリの記事