無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 移設の道筋、依然見えず=岡田外相「沖縄の現状厳しい」-日米外相会談 | トップページ | 名護市議選 沖縄知事、辺野古移設容認の前市長側を支援 »

2010年7月24日 (土)

米韓合同演習に自衛官派遣=オブザーバーで空母乗船-米、日本との密接関係強調か

これは憲法違反だ。日米艦3国軍事一体化だ。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010072300837

米韓合同演習に自衛官派遣=オブザーバーで空母乗船-米、日本との密接関係強調か

 防衛省海上幕僚監部は23日、日本海で25日から28日まで実施される米韓合同軍事演習に、海幕防衛部の1佐ら海上自衛官4人がオブザーバーとして参加すると発表した。米韓両国の海軍から招待を受けた。自衛官は米海軍の空母に乗艦し、演習を視察する。
 米側にとっては、韓国の哨戒艦沈没事件以来、朝鮮半島情勢が緊張する中、自衛隊との密接な関係を強調し、半島有事の際には協力体制にあることをアピールする狙いがあるとみられる。一方、北朝鮮をはじめ中国の反発も予想される。
 海幕によると、自衛官の派遣期間は25日から27日まで。米海軍横須賀基地(神奈川県)を事実上の母港とする空母「ジョージ・ワシントン」に乗艦する。 
 演習は、米韓両軍が「北朝鮮の挑発的行動を抑止する」目的で実施。今後数カ月間、日本海と黄海で連続して演習を実施。第1弾となる今回の演習は中国に配慮した形で、同国に近い黄海では行わず、朝鮮半島東岸沖の日本海で実施する。
 艦艇と潜水艦約20隻が参加するほか、米空軍の最新鋭戦闘機F22など航空機約200機も投入。8000人の兵士が参加する。(2010/07/23-20:05)

« 移設の道筋、依然見えず=岡田外相「沖縄の現状厳しい」-日米外相会談 | トップページ | 名護市議選 沖縄知事、辺野古移設容認の前市長側を支援 »

集団的自衛権」カテゴリの記事