無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 政府、ヘリ部隊派遣13日結論 スーダンPKOで | トップページ | 外交・安保論争が低調=「普天間」避ける首相-参院選 »

2010年7月 6日 (火)

アフガンでの米兵死者数最悪 6月、昨年10月以来

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010070601000071.html
アフガンでの米兵死者数最悪 6月、昨年10月以来

2010年7月6日 08時32分

 【カブール共同】アフガニスタンで6月に死亡した米兵の数が60人となり、2001年の米軍によるアフガン攻撃開始以来、月間死者数で最悪となったことが5日、分かった。AP通信が独自集計として伝えた。これまでは昨年10月の59人が最多だった。

 アフガン駐留米軍司令官が、オバマ米政権幹部を批判し解任されたマクリスタル氏からペトレアス氏に交代したばかりの時期に、戦況の悪化があらためて示された。

 APによると、駐留外国部隊全体の6月の死者も月間死者数として最悪の103人に上った。

 アフガン駐留米兵の規模は5月にイラクへの派兵数を上回り、今年夏には9万8千人となる。

 反政府武装勢力タリバンはアラビア語で「勝利」と名付けた作戦で徹底抗戦することを5月に宣言、米軍などに対する攻勢を強めている。アフガンで昨年1年間に死亡した米兵は300人を超えて01年以来最悪となったが、今年はさらに増える可能性が指摘されている。

« 政府、ヘリ部隊派遣13日結論 スーダンPKOで | トップページ | 外交・安保論争が低調=「普天間」避ける首相-参院選 »

「国際情勢」カテゴリの記事