無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 衆参定数削減、年内合意目指す=小沢氏の要職起用、明言避ける-菅首相 | トップページ | 共産党:「批判勢力脱皮を」 志位委員長が呼びかけ »

2010年7月30日 (金)

防衛相「非核三原則は堅持」 新安保懇報告書案めぐり

http://www.asahi.com/politics/update/0730/TKY201007300294.html
防衛相「非核三原則は堅持」 新安保懇報告書案めぐり
 菅直人首相の私的諮問機関「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」の報告書案が非核三原則の見直しに触れていることについて、北沢俊美防衛相は30日の閣議後記者会見で「非核三原則を変更することはありえない。堅持していくと申し上げている」と述べ、見直しの可能性を否定した。

 報告書は8月に首相に答申され、年末に策定される新たな防衛計画の大綱のたたき台になる。報告書案は非核三原則について「一方的に米国の手を縛ることだけを事前に原則として決めておくことは、必ずしも賢明ではない」と指摘。三原則のうち「持ち込ませず」の見直しを求めている。北沢氏は「(懇談会が)どういう内容をとりまとめるかは自由だが、政府の立場はきちんとしている」と強調した。

« 衆参定数削減、年内合意目指す=小沢氏の要職起用、明言避ける-菅首相 | トップページ | 共産党:「批判勢力脱皮を」 志位委員長が呼びかけ »

「国内情勢」カテゴリの記事