無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 宜野湾市長、普天間巡り国提訴の構え 市議選の結果次第 | トップページ | 産経【主張】定数削減公約 「わが身削る」姿をみせよ »

2010年7月 4日 (日)

たちあがれ日本、比例候補1人を除名

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news2/20100703-OYT1T00834.htm
たちあがれ日本、比例候補1人を除名

 たちあがれ日本は3日、参院選比例選の新人候補で社会福祉法人理事長の足高慶宣氏を除名処分とし、公認を取り消したと発表した。

 比例選名簿から削除する予定で、比例選の公認候補は9人となる。党は除名理由について、「参院選の公示後、尖閣諸島への上陸を強行しようとしたためだ」と説明している。同党によると、尖閣諸島への渡航を計画した足高氏が3日に沖縄県の西表島に渡り、党関係者が電話で渡航をやめるよう説得したが、最後は連絡が取れなくなったという。
(2010年7月3日21時24分  読売新聞)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100703/plc1007032116008-n1.htm
たちあがれ日本 尖閣上陸目指した候補者を除名
2010.7.3 21:13
このニュースのトピックス:選挙

 たちあがれ日本は3日、参院選比例代表から立候補していた社会福祉法人理事長、足高(あしたか)慶宣(よしのぶ)氏(56)を除名し、比例名簿から削除すると発表した。

 足高氏が3日夕、尖閣諸島(沖縄県石垣市)に上陸を試みようとしたことについて「党の方針に反する」と判断した。園田博之党紀委員長は産経新聞に対し、除名理由について「売名行為であり、外交上の問題になる」と説明した。

 足高氏の事務所は「党の方針に反するとは考えていない」と話している。

 たちあがれ日本は参院選公約で「北方領土や竹島、尖閣諸島、沖ノ鳥島などをめぐる『領土外交』を強化し、領土を侵犯する動きに対しては毅然とした対応を取る」としている。

« 宜野湾市長、普天間巡り国提訴の構え 市議選の結果次第 | トップページ | 産経【主張】定数削減公約 「わが身削る」姿をみせよ »

「国内情勢」カテゴリの記事