無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自衛隊、初の海外基地建設/「ソマリア沖海賊対処」口実に/ジブチに「軍事拠点」 | トップページ | 移設の道筋、依然見えず=岡田外相「沖縄の現状厳しい」-日米外相会談 »

2010年7月24日 (土)

衆院選までの「国民会議」提唱=税・社会保障、超党派で-自民・森氏

「救国国民会議」とはまた古風な。ではこちらも「護憲救民人民戦線」でも呼びかけるのがいいのかも知れない。(高田)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010072300989
衆院選までの「国民会議」提唱=税・社会保障、超党派で-自民・森氏

 自民党の森喜朗元首相は23日、BS朝日の番組収録で、税制や社会保障、外交などの分野別に、期限を区切って超党派で協議する「救国国民会議」を設置するよう呼び掛けた。同じ番組に出演した民主党の渡部恒三元衆院副議長も「賛成だ」と応じた。
 衆参ねじれの下、政策決定が進まなくなることを懸念した発言で、森氏は「政党の意識を抜いて国家国民のために話し合うことが国会の責任だ。3年間国政選挙はないから、1年でも2年でも区切って集まってやろう」と語った。 
 森氏はまた、2007年に福田康夫首相と民主党の小沢一郎代表(いずれも当時)との間で浮上した大連立構想について、自らが福田氏の代理人として小沢氏と会談したことを明かした。「小沢さんが渡辺(恒雄読売新聞グループ本社会長・主筆)さんに(福田氏との仲介を)お願いした」と語り、福田氏の要請がきっかけだったとの当時の小沢氏の主張を否定した。(2010/07/23-21:22)

« 自衛隊、初の海外基地建設/「ソマリア沖海賊対処」口実に/ジブチに「軍事拠点」 | トップページ | 移設の道筋、依然見えず=岡田外相「沖縄の現状厳しい」-日米外相会談 »

「国内情勢」カテゴリの記事