無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「民主主義の歪曲」=社民党首、辻元氏を批判 | トップページ | 防衛相「非核三原則は堅持」 新安保懇報告書案めぐり »

2010年7月30日 (金)

衆参定数削減、年内合意目指す=小沢氏の要職起用、明言避ける-菅首相

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100730-00000114-jij-pol

衆参定数削減、年内合意目指す=小沢氏の要職起用、明言避ける-菅首相

7月30日18時40分配信 時事通信
 菅直人首相は30日夕、臨時国会召集に合わせて首相官邸で記者会見し、民主党が参院選マニフェスト(政権公約)で掲げた衆院比例80、参院で40程度の定数削減について、12月までの与野党合意を目指す考えを表明。同日午前に枝野幸男幹事長らに調整を指示したことを明らかにした。
 首相は、政権批判を強める小沢一郎前幹事長に要職への起用を含め協力を求めるかどうかに関し、「9月に代表選が予定されているので、その後のことまで今の段階で言うのはちょっと早過ぎる」と明言を避けた。
 衆参で多数派が逆転する「ねじれ国会」の対応に関しては、「与野党が合意する政策は、困難を伴う政策であっても実行が可能になると前向きに受け止めたい」と述べ、丁寧に野党側の理解を得る考えを強調。国会運営に行き詰まった場合の衆院解散に踏み切る可能性については「解散は全く考えていない」と否定した。 

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100730/plc1007301827020-n3.htm
 「さて、いよいよ本格的な予算編成の時期にさしかかってまいりました。昨年は9月の政権交代、12月の予算編成でありましたので、大変、時間的に制約がありましたが、今回はそういう意味では初めての本格的予算編成といっても、民主党にとっては、そういえると思います。まずこの予算編成でやらなければならないことは無駄の削減、その実行であります。この間、国民注視の下で行われた事業仕分けが大きな効果を発揮をしておりますが、さらに特別会計を含む事業仕分けにしっかりと取り組んでいただきたいと。このように思っております。加えて、国会議員自身が身を切ることも必要だと思います。衆議院の定数を80、参議院の定数を40削減をするという、この方針に沿って、8月中に党内の意見を取りまとめてほしい。そして、12月までには与野党で合意を図ってもらいたい。きょう朝、枝野幹事長と参議院の会長、輿石さんにそのことを指示をさせていただきました」

« 「民主主義の歪曲」=社民党首、辻元氏を批判 | トップページ | 防衛相「非核三原則は堅持」 新安保懇報告書案めぐり »

「国内情勢」カテゴリの記事