無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 井上ひさしさんお別れの会に参加してきました | トップページ | 米海兵隊司令部の一部、沖縄に残留…再編修正 »

2010年7月 2日 (金)

議員定数削減に意欲・菅首相

定数削減は、今回の選挙で共産、社民、国民新以外の政党がみな、掲げている。しかし、みんなの党など、野党内には民主の政略だという疑念もある。政府幹部は参院選後、長期臨時国会ではなく、参院の正副議長などを決める臨時国会をやって、秋以降、郵政法案、定数削減などをやる臨時国会をあらためて開く方式を考えているようだ。
読売紙の本日のきじによると、衆院議院の歳費(期末手当含む)+文書通信交通費(月100万円)+立法事務費(月65万円)の総計で4120万円という。民主のいう80削減で、33億円になる。
しかし、政党助成金というお手盛り資金には年間320億円も出ている。これが要らないと思うのだ。(高田)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010070101035
議員定数削減に意欲=消費税、介護に1兆円充当-小沢氏に不快感も・菅首相

 菅直人首相は1日夜、テレビ朝日の番組に出演し、民主党が参院選マニフェスト(政権公約)に掲げた「衆院比例定数80削減、参院定数40程度削減」について、「枝野幸男幹事長が参院選後に法案を出したいとしており、各党も前向きな意見を出しているので、ぜひ実現したい」と述べ、次期臨時国会に関連法案を提出し、成立を目指す考えを示した。
 また、首相は消費税引き上げの使途に関し「介護の潜在需要として、もっとサービスがあれば受けたいという人の数が分かっている。やはり1兆円規模のものがあれば、かなり改善する」と述べ、介護に1兆円の充当を検討する意向を示した。
 消費増税検討方針を民主党の小沢一郎前幹事長が批判していることに対しては、「(以前)少し静かにしていただいた方がいいんじゃないかと言った」と不快感を表明。ただ、「あまり言うと失礼に当たる」とし、それ以上の言及は避けた。
 首相はマニフェストについて「前幹事長時代に、ほぼまとまったものを最後に決めた。ここにちゃんと、消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を超党派で開始する、と書いてある」と指摘。「小沢氏の影響力が大きいのは分かるが、ちょっと(メディアが)気にし過ぎではないか」とも述べた。
 幼稚園と保育所の所管の一元化については「『子ども園』にしていく方針を鳩山内閣で決めているから、いよいよ具体的に取り掛かる段階だ。1年程度の間には実現したい」と述べた。 (2010/07/02-01:10)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010070200370
議員定数削減、時期に言及せず=仙谷官房長官

 仙谷由人官房長官は2日午前の記者会見で、菅直人首相が衆参両院の定数を削減する法案を次期臨時国会で成立させたいと語ったことについて「民主党代表としての発言だと思う」と指摘した上で、法案提出の時期について「民主党で法案を作り、各党の協議に乗せて提出という格好になると思うので、私の立場ではお答えしかねる」と述べた。 (2010/07/02- 12:25)

« 井上ひさしさんお別れの会に参加してきました | トップページ | 米海兵隊司令部の一部、沖縄に残留…再編修正 »

「国内情勢」カテゴリの記事