無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間決着、11月沖縄知事選後 政府、27日閣僚協議で確認 | トップページ | 「核持ち込ませず」見直しを提言 新安保懇の報告書案 »

2010年7月27日 (火)

社民“トドメ”の衝撃 辻元氏離党へ 民主と距離拡大

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000101-san-pol

社民“トドメ”の衝撃 辻元氏離党へ 民主と距離拡大

7月27日7時56分配信 産経新聞
 社民党の辻元清美前国土交通副大臣が離党の意向を明らかにしたことは、参院選で敗北した同党にとって大きな打撃となった。福島瑞穂党首ら執行部への不満は他の議員にもくすぶっており、福島氏は自らの進退問題にも直面することになったうえ、党存亡の危機にも立たされたといえる。同時に民主党との連携維持を模索していた辻元氏の離党は、社民党と民主党の間の距離を一層拡大しそうだ。

 「党のあり方や連立政権離脱など、ずっと思ってきたことを伝えた」

 辻元氏は26日夜、重野安正幹事長と約4時間会談した後、記者団に離党の意向を固めた理由を手短に答えた。

 辻元氏は旧社会党の右派を中心とする勢力が離れた後の社民党で党の将来を担う人材として期待された。だが、秘書給与詐取疑惑の責任をとり議員辞職し、詐欺容疑で逮捕、有罪が確定した。その後は福島党首の陰に隠れる存在となった。

 昨年の衆院選では民主党の全面的な支援を受けて当選した。米軍普天間飛行場の移設問題で、民主党と対立した際は党幹部に「政権にとどまるからさまざまな政策が実行できる」と一貫して自重を求めた。前原誠司国交相には「本当はこういう結末は避けたかった」と泣きながら抱きついた。

 辻元氏としては、昨年の選挙で民主党の支援がなければ自らが勝ち抜けないことを実感したうえに、今回の参院選で社民党が改選3に届かない2議席にとどまったことから、護憲や米軍基地問題を前面に掲げる福島氏の政治手法では、社民党の党勢維持は難しいと判断したとみられる。

 福島氏らは離党を撤回しなければ除名も視野に検討する方針だ。しかし、「ポスト福島」の有力候補を失うことになりかねず、まさに同党としては「泣きっ面にはち」といえる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000055-sph-soci

辻元清美氏、民主党入りか 27日にも社民離党へ

7月27日8時0分配信 スポーツ報知
 前国交副大臣の辻元清美衆院議員(50)が社民党を離党することが26日、分かった。27日に地元大阪府内で会見を開き、離党の経緯や今後の政治活動の方向性などを説明する予定。今後は民主党入りを検討しているとみられる。社民党は今回の参院選で得票数を伸ばせず、苦戦を強いられたが、看板議員の離党によって、党の存亡にもかかわる大ピンチを迎えた。

 「疑惑の総合商社」「ど忘れ禁止法を適用したい」など、舌鋒(ぜっぽう)鋭い質問で国会をわかせてきた社民党の看板議員が、離党の決意を固めた。

 辻元氏はこの日夜、社民党の重野安正幹事長と会い、離党の意向を伝えた。重野氏は慰留したが、会談後、辻元氏は記者団に「今晩考えて、あす会見する。党の在り方に危機感を持っている」と述べた。支持者にも離党の意向を伝えており、27日に大阪で会見を開いて経緯を説明する。

 関係者によると、離党を決意した背景には、社民党の迷走がある。昨年9月、辻元氏が国交副大臣の打診を受けた際、「党の国会対策に尽力したい」との意向から、いったんは固辞したが、福島瑞穂党首(54)の説得により、受け入れた。主に旧運輸省系の業務を担当し、日本航空の再建問題や、国労組合員のJR不採用問題に取り組んだ。

 しかし、5月になって社民党が米軍普天間飛行場への移設問題で連立を離脱。辻元氏は国交副大臣としてやりがいを感じていただけに、辞表提出時には前原誠司国交相(48)と抱擁し、涙を見せる場面もあった。また、連立離脱について、「(基地移設を)止められなかったのは、社民党にも責任がある」と党の対応に、批判的な見方も示していた。

 社民党は参院選で比例と選挙区で計14人の候補を立てたが、当選は比例の2人どまり。辻元氏は、参院選敗戦の総括を行わない福島党首ら執行部の姿勢に、不満を募らせていたという。また、次期衆院選での勝利の展望が見えなくなったことも背景にあるとみられる。

 今後は民主党入党を第一候補に検討を進めるとみられるが、将来の党首候補と目され、福島党首と並ぶ党の看板の“流出”は、社民党にとって大きなダメージになりそうだ。 

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010072700002
辻元氏の発言内容

 社民党の辻元清美衆院議員が26日夜、都内で記者団に語った内容は次の通り。
 わたしの思いを(重野安正)幹事長に伝えた。党の在り方とか連立離脱以降どう考えているかを幹事長に話した。
 -離党するのか。
 そのことも含めて話した。あした午後、地元の大阪で会見を開きたい。地元(の支持者)とも相談したい。今晩、考えをまとめてしっかり対応したい。
 -離党の意思を伝えたのか。
 そのことも含めて思いを伝えた。
 -離党届は出したか。
 出していない。
 -幹事長から慰留はあったか。
 きょうは思いを伝えた。幹事長は慰留というよりも話を聞いていた。わたし自身も社民党は大切な党だと思うし、しっかり話をしたかった。
 -民主党との連立に復帰すべきだという話をしたのか。
 (連立離脱した)あの時点では、ああいう方向性しかなかった。この間、党に対して思ってきたこと、党改革の議論、選挙総括に対し、思っていることを伝えた。ただ、わたしはかなり危機感を持っている。(2010/07/27-00:02)

« 普天間決着、11月沖縄知事選後 政府、27日閣僚協議で確認 | トップページ | 「核持ち込ませず」見直しを提言 新安保懇の報告書案 »

「国内情勢」カテゴリの記事