無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「非核国連合」結成へ、日豪が11か国に働きかけ | トップページ | [解説]「普天間」知名度を評価 知事選に伊波氏有力 »

2010年7月21日 (水)

議員歳費の削減議論は「引き下げデモクラシーだ」仙谷氏が苦言

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100721/plc1007211259005-n1.htm
議員歳費の削減議論は「引き下げデモクラシーだ」仙谷氏が苦言
2010.7.21 12:58

 仙谷由人官房長官は21日午前の記者会見で、民主党が参院選マニフェスト(政権公約)で掲げた国会議員経費の削減に関し、「みんなが低い方に合わせるように足を引っ張り合うことが果たしていいのか。『引き下げデモクラシー』みたいなことには気をつけて議論してほしい」と述べ、議員歳費や国家公務員給与をめぐる議論のあり方に注文をつけた。

 さらに、仙谷氏は衆参両院の新議員会館について「豪華すぎる」とする報道があることにも触れ、「トイレが200何カ所あって多すぎるとの意見があるが、大勢が集まるときに一番考えなきゃいけない話だ」と苦言を呈し、議員会館は国民とコミュニケーションを図る場だとして「建設的な議論」を訴えた。

« 「非核国連合」結成へ、日豪が11か国に働きかけ | トップページ | [解説]「普天間」知名度を評価 知事選に伊波氏有力 »

「国内情勢」カテゴリの記事