無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 徳之島整備に1000億円超 米、給油施設新設など要求 | トップページ | 赤旗/基地問題で政権批判してみせるが/社民、民主と選挙協力 »

2010年6月26日 (土)

次期戦闘機の予算計上へ 来年度防衛費、数機分

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010062602000063.html
次期戦闘機の予算計上へ 来年度防衛費、数機分

2010年6月26日 朝刊

 次期戦闘機(FX)の選定作業を進めている防衛省は、来年度の防衛費にFX数機の購入費を盛り込む方向で最終調整に入った。総額一兆円近い「巨大航空商戦」の入り口となる機種選定には、米政府の意向や防衛産業の思惑が複雑に絡む。菅政権にとって「第二の普天間問題」ともいえる難問となりそうだ。 

 候補機種は当初の六機種から、米国のF35(ロッキード・マーチン社)、FA18E/F(ボーイング社)、欧州共同開発のユーロファイター(BAEシステムズ)の三機種に絞り込まれた。

 機種選定の基準となる要求性能を公表すれば、選定作業が本格化する。防衛省は要求性能を三機種すべてに該当する「(レーダーに映りにくい)ステルス性を持つ多目的戦闘機」とする方向だ。

 どの機種を選んでも、世界一高価とされた準国産のF2戦闘機(約百二十億円)を上回る一機百五十億円前後の超高額機となる見通し。数年かけて二個飛行隊分(約五十機)を導入する。年末の予算案決定までに機種が決まらない場合、予算枠だけ確保して機種決定を先送りする手法も検討されている。

 過去の戦闘機選びは、米国からの購入圧力とこれに反発する航空自衛隊、防衛産業との対立が問題になった。首相を議長とする安全保障会議で機種決定するが、今回も高度な政治判断が求められるのは必至。防衛省での作業は普天間問題で遅れており、最終的に来年度予算での購入を見送る可能性もある。

 FXは航空自衛隊のF4戦闘機の後継機。選定作業は、最有力候補だった米国のF22の輸出解禁を待ち、二年遅れた。昨年、米議会上院が輸出禁止を決定し、F22抜きの選定を余儀なくされている。

« 徳之島整備に1000億円超 米、給油施設新設など要求 | トップページ | 赤旗/基地問題で政権批判してみせるが/社民、民主と選挙協力 »

「国内情勢」カテゴリの記事