無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米合意撤回へともに/志位氏、沖縄の首長らと懇談 | トップページ | 赤旗主張/メキシコ湾原油流出/石油依存の見直しが不可欠だ »

2010年6月 8日 (火)

「辺野古」明記の日米合意/那覇市議会 撤回の意見書

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-06-08/2010060801_07_1.html
「辺野古」明記の日米合意/那覇市議会 撤回の意見書

 米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への「移設」を決めた日米合意の撤回を求める意見書が7日、那覇市議会で可決されました。県内では初めて。

 日米合意を受け継ぐ立場を表明した菅直人新首相に対し、県内「移設」に断固反対する市・県民の意思が示されました。

 意見書は自民・無所属連合、民主党や日本共産党など6会派が共同で提案。国民新党系の会派「そうぞう」が退席するなか、全会一致で可決されました。

 意見書は、「県内移設反対という県民の総意よりも、米国政府の意向を最優先するもので、民主主義を踏みにじる暴挙であり、断じて許せるものではない」「激しい怒りを込めて抗議し、その撤回を強く求める」としています。

 あて先は、首相や外務相、衆参両院議長など。オバマ米大統領にも送る予定です。

 日本共産党の古堅茂治市議団長は「(意見書は)民主党政権の裏切りに対する県民の怒りの反映だ。県民の『県内移設』反対の意思は後戻りすることはない。引き続き心一つに頑張っていきたい」と語っています。

 「そうぞう」の宮國恵徳市議は退席にあたって意見を述べ、日米合意は「大幅な基地負担軽減策が明記され、成果は成果として評価したい」としました。

« 日米合意撤回へともに/志位氏、沖縄の首長らと懇談 | トップページ | 赤旗主張/メキシコ湾原油流出/石油依存の見直しが不可欠だ »

日米関係」カテゴリの記事