無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 安保50年「アジア平和の支え」=記念式典検討へ-仙谷官房長官 | トップページ | 亀井氏、消費税論議は「首相の寝言」、福島氏「冷たい内閣だ」 »

2010年6月23日 (水)

「問答無用で着工しない」 普天間移設で菅首相

http://www.asahi.com/politics/update/0623/TKY201006230241.html
「問答無用で着工しない」 普天間移設で菅首相
 菅直人首相は23日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「(移設地や工法を決める)専門家の検討が(期限の)8月に終わったからといって、問答無用で着工するということではない」と述べ、移設にあたっては沖縄県側の意向を尊重する考えを強調した。

 同県糸満市で開かれた「沖縄全戦没者追悼式」に出席後、記者団に語った。

 菅首相は「今日をスタートとして、日米間や沖縄県と真摯(しんし)に話をしていきたい」とする一方、移設先を同県名護市辺野古周辺とした5月末の日米合意については「これを踏まえるとの方針は変わらない」との考えを示した。

 首相はまた、「追悼式に参加できてよかった。犠牲の大きさを感じた」とも語った。

 菅首相は追悼式に先立ち、糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で献花。同日午後には、那覇市内で仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事と昼食をともにしながら会談し、普天間飛行場の移設問題などについて意見交換する。

« 安保50年「アジア平和の支え」=記念式典検討へ-仙谷官房長官 | トップページ | 亀井氏、消費税論議は「首相の寝言」、福島氏「冷たい内閣だ」 »

日米関係」カテゴリの記事