無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「会期延長は参院選で不利」民主改選議員が反発 | トップページ | 産経:【主張】新政権と外交安保 米国との約束を最優先に »

2010年6月 6日 (日)

鳩山首相の辞任は「オバマ大統領の冷たい対応」

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100604-612891/news/20100605-OYT1T00610.htm
鳩山首相の辞任は「オバマ大統領の冷たい対応」

 【ワシントン=小川聡】米国の日本問題専門家らの間で、沖縄の普天間飛行場移設問題を巡るオバマ政権の厳しすぎる対応が、鳩山首相を辞任に追い込んだとする論評が相次いでいる。

 スティーブ・クレモンス新アメリカ財団戦略問題部長は1日、自身のブログに「ハトヤマを引きずり降ろすオバマ」と題する論文を掲載し、「オバマ大統領は、会談に応じないといった氷のように冷たい対応を維持して、鳩山首相に強烈な圧力をかけた。首相はその圧力に耐えることができなかった」と分析した。

 外交問題評議会のシーラ・スミス上級研究員も2日、「(日本の)民主党は米軍基地の駐留に関して従来とは異なる対応をしたいと願っており、米側はこの問題の繊細さにより深い配慮が必要だ」と指摘した。

 米政府筋は、「オバマ政権は十分に辛抱強く対応したし、辞任は国内問題が原因だ」と反論している。
(2010年6月5日18時33分  読売新聞)

« 「会期延長は参院選で不利」民主改選議員が反発 | トップページ | 産経:【主張】新政権と外交安保 米国との約束を最優先に »

日米関係」カテゴリの記事