無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 井上ひさしさん最後の長編小説「一週間」発売へ | トップページ | みんなの党公約要旨 »

2010年6月18日 (金)

インド洋給油の再開検討を=菅首相は「現実主義者」-防衛政務官

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol
インド洋給油の再開検討を=菅首相は「現実主義者」-防衛政務官

 【ワシントン時事】長島昭久防衛政務官は17日、ワシントン市内で開かれた日米関係のセミナーで講演、日本の安全保障政策に関し、「自衛隊は海外での活動から手を引いてはならない」と述べた上で、インド洋での海上自衛隊による給油活動の再開を検討すべきだとの考えを示した。
 また、菅直人首相と鳩山由紀夫前首相のタイプの違いについて「鳩山さんは夢想家で、菅さんは現実主義者といわれている」と指摘。菅首相は米軍普天間飛行場移設に関する先の共同声明を完全に引き継ぎ、重要な外交政策では非常に現実的に行動するはずだと語った。 
 一方、同じセミナーで講演したシファー国防次官補代理は、共同声明の発表は日米同盟の成熟を示したとの認識を示すとともに、「平等な同盟関係は米政府が歓迎し、切望するものだ」と強調。普天間代替施設の工法や位置などに関する協議は「8月末までに完了すると確信している」とも述べた。(2010/06/18-09:47)

« 井上ひさしさん最後の長編小説「一週間」発売へ | トップページ | みんなの党公約要旨 »

自衛隊海外派兵恒久法」カテゴリの記事