無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 8月中の工法決定を批判=社民党首 | トップページ | 「問答無用で着工しない」 普天間移設で菅首相 »

2010年6月23日 (水)

安保50年「アジア平和の支え」=記念式典検討へ-仙谷官房長官

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010062300788
安保50年「アジア平和の支え」=記念式典検討へ-仙谷官房長官

 仙谷由人官房長官は23日午後の記者会見で、日米安全保障条約が発効50年を迎えたことについて、「アジアの平和のアンカー(支え)として日米同盟が存在したことは、歴史的事実として率直に評価する。条約はアジアが不幸な状況に陥る環境を少なくするために、一つの非常に重要な要素であったと総括できる」と述べた。
 また、「50周年を記念して何をどうするかは政府でも考えている。米国の都合や考え方も聞いて進めたい」と述べ、記念式典の開催を検討する考えを示した。オバマ米大統領が11月に来日、日米首脳会談が開かれることから、政府はこれに合わせる形での開催を検討する見通し。(2010/06/23-17: 14)

« 8月中の工法決定を批判=社民党首 | トップページ | 「問答無用で着工しない」 普天間移設で菅首相 »

日米関係」カテゴリの記事