無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 枝野幹事長、「憲法改正は喫緊の課題ではない」 | トップページ | 首相に怒号「なぜ感謝」 »

2010年6月23日 (水)

「変えてゆく」 沖縄慰霊の日追悼式典・平和の詩全文

http://www.asahi.com/national/update/0623/SEB201006230003.html
http://www.asahi.com/national/update/0623/SEB201006230003_01.html

「変えてゆく」 沖縄慰霊の日追悼式典・平和の詩全文

 沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園を会場にした戦没者の追悼式典では、普天間高校3年の名嘉司央里(なか・しおり)さん(17)が「変えてゆく」と題した平和の詩を朗読した。米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市に生まれ育った名嘉さんが5月末に書き上げ、県内の小中高校生の1851点から選ばれた。

    ◇

今日もまたはじまる

いつもの日常

当たり前に食事をして

当たり前に好きなことを学んで

当たり前に安心して眠りにつく

そんな普通の一日

 

今日もまたはじまる

いつもの日常

当たり前に基地があって

当たり前にヘリが飛んでいて

当たり前に爆弾実験が行われている

そんな普通の一日

 

一見「平和」に思えるこの小さな島

そこにいつの間にか当たり前ではない

当たり前であってはならないものが

入り込んでしまっていた

 

普通なら受け入れられない現実を

当たり前に受け入れてしまっていた

 

これで本当にいいのだろうか

 

平凡な幸せを感じながら

ただただ「平和」を望む今

簡単にこの違和感を

無視していいのだろうか

 

黒いたくさんの礎

刻まれるたくさんの名前

そこで思い知る

戦争が残した傷跡の大きさ深さ

何も幸せなど生まれなかった

何も手に入れたものなど無かった

すべて失ったものばかりだった

 

忘れてはならない

この島であった悲しい記憶

目を背けてはならない

悲しい負の遺産

それを負から正に変えてゆく

それがこの遺産を背負い生きてゆく

私たちにできること

変えてゆくのは難しい

しかし一人一人が心から

負である「戦争」を忌み嫌い

正である「平和」を深く愛する

そんな世界になれば

きっと正の連鎖がはじまるはずだ

 

六月二十三日 慰霊の日

あの黒いたくさんの礎には

たくさんの人々が訪れる

そして その一つ一つの名前に触れ

涙を浮かべながら語りかける

 

「今年も会いに来たよ」と

手を合わせ目を瞑(つむ)り祈りを捧(ささ)げる

その訪れた人々に

「平和」を願わないものはいない

 

「一度あった事は二度ある」

そんな言葉を聞いたことがある

しかし こんな悲惨な出来事は

もう繰り返してはならない

だから……

「一度あった事は二度とない」に

変えてゆこう 平和で塗りつぶしていこう

 

その想いはきっと届いているはずだから

« 枝野幹事長、「憲法改正は喫緊の課題ではない」 | トップページ | 首相に怒号「なぜ感謝」 »

民衆の運動」カテゴリの記事