無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「将来は国会を一院制に」―みんな・渡辺喜美代表 | トップページ | 【単刀直言 2010参院選】たちあがれ日本・平沼赳夫代表 「パクリ」左翼政権に警鐘 »

2010年6月28日 (月)

普天間合意、堅持確認=同盟深化を協議-首相、米大統領と初会談

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2010062800033
普天間合意、堅持確認=同盟深化を協議-首相、米大統領と初会談

 【トロント時事】菅直人首相は27日夜(日本時間28日午前)、カナダ・トロント市内でオバマ米大統領と就任後初めて約30分間会談した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐりきしみが生じた日米関係の再構築が最大の焦点。両首脳は、普天間飛行場を同県名護市辺野古周辺に移設するとした5月の日米共同声明を踏まえ、具体化に向けて協力することで一致したとみられる。
 首相は今回の会談を、首脳間の信頼関係醸成に向けた第一歩と位置付けている。今年が日米安全保障条約改定50周年に当たり、11月にはオバマ大統領の2度目の来日も予定されていることから、次回の首脳会談に合わせ、同盟深化に関する日米協議で一定の成果を目指すことで合意したとみられる。
 普天間移設に関する日米共同声明は、代替施設の詳細な位置や工法について、専門家による検討作業を8月末までに完了させると明記している。しかし、鳩山前政権が地元の同意を取り付けずに県内移設方針を決めたことに沖縄側は反発を強めており、理解を得られるめどは立っていない。
 首相自身も就任以来、現状での移設実現は困難であることを認めている。このため首相は会談で、日米合意の堅持は確認するものの、具体的な内容までは踏み込まず、履行に最大限努力することを表明。同時に、沖縄の基地負担軽減に向けた協力を大統領に要請したとみられる。(2010/06/28-10:15)

« 「将来は国会を一院制に」―みんな・渡辺喜美代表 | トップページ | 【単刀直言 2010参院選】たちあがれ日本・平沼赳夫代表 「パクリ」左翼政権に警鐘 »

日米関係」カテゴリの記事