無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 沖縄への核密約「有効ではない」米も確認 岡田外相公表 | トップページ | 社民・照屋氏、不信任採決を棄権 »

2010年6月17日 (木)

伊波・宜野湾市長、沖縄県知事選出馬に意欲

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100617-00000140-yom-pol

伊波・宜野湾市長、沖縄県知事選出馬に意欲

6月17日8時56分配信 読売新聞
 沖縄県宜野湾市の伊波洋一市長は16日、日本外国特派員協会で講演し、今秋の知事選について「(自分が)候補になる可能性は大きい」と述べた。

 自らが民主、社民、地域政党・沖縄社会大衆党など県政野党の推す候補となる可能性が高いと分析し、立候補に意欲を示したものだ。

 伊波氏は、同市にある米軍普天間飛行場の移設問題では「国外移設」を主張する立場。講演では、日米両政府が合意した同県名護市辺野古への移設について、「私なら認めない」と述べた。講演後、読売新聞の取材に対し、「知事選の候補になる可能性は大きいが、出馬すると決めたわけではない。(県政野党)3党または4党の話し合い次第だ」とした。

 同知事選では、現職の仲井真弘多知事が再選に意欲を示している。仲井真知事は辺野古への移設受け入れについて、極めて厳しいとの見解を示している。

最終更新:6月17日8時56分

« 沖縄への核密約「有効ではない」米も確認 岡田外相公表 | トップページ | 社民・照屋氏、不信任採決を棄権 »

日米関係」カテゴリの記事