無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国民新党の公約要旨 | トップページ | 法人税25%に引き下げ=新党改革が参院選公約 »

2010年6月17日 (木)

社民参院選公約の要旨

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010061600784
社民参院選公約の要旨

 社民党が16日発表した参院選マニフェスト(政権公約)の要旨は次の通り。
 【社民党は訴える】
 鳩山由紀夫(前)首相は迷走の揚げ句、地元や連立与党の合意のないまま、米軍普天間飛行場の移設先を沖縄県名護市辺野古周辺とすることで米国と合意し、閣議決定を行った。菅内閣としては日米合意と閣議決定を見直し、もう一度真正面から米国と交渉し合う決意を示すべきだ。政治の品質保証役として厳しくしっかり(民主党政権を)チェックしていく。
 【「もっと生活再建」10の約束】
 米軍普天間飛行場の県外・国外移設▽日米地位協定の全面改正▽最低11時間の休息を保障する勤務間インターバル制度の法制化▽患者の権利基本法制定▽子ども手当据え置き▽子ども省の創設▽1人年200万円の青年農業者助成金制度の創設▽脱原発▽消費税率据え置きと飲食料品分の実質非課税▽企業・団体献金の即時禁止
 【財源論】【成長戦略】【連立政権8カ月の成果】=略(2010/06/16-18:20)

« 国民新党の公約要旨 | トップページ | 法人税25%に引き下げ=新党改革が参院選公約 »

「国内情勢」カテゴリの記事