無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自民・中山元外相が離党届 | トップページ | 朝鮮半島安定で協調確認へ=米中戦略対話が閉幕 »

2010年5月25日 (火)

社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」-国民新代表

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052400890
社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」-国民新代表

 国民新党の亀井静香代表は24日夜、都内の会合であいさつし、米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設方針について実現不可能との認識を示した上で、「実現するはずがないことで政権離脱と言って玉砕するのはナンセンスだ」と述べ、社民党は連立政権から離脱すべきではないとの考えを示した。
 亀井氏は、辺野古への移設方針について「辺野古の海から飛んでいった鳥が、また辺野古の海に帰ってくるなんてできるはずがない」と強調。社民党に対しては「(現実に)なりっこないことに体を張るなんてばかげた話。沖縄県民のためにどういう解決案があるのか、閣内にあって努力するのが政党としてのあり方だ」と助言した。 
 亀井氏は会合に先立ち、こうした考えを社民党の福島瑞穂党首に電話で伝えた。(2010/05/24-23:28)

« 自民・中山元外相が離党届 | トップページ | 朝鮮半島安定で協調確認へ=米中戦略対話が閉幕 »

日米関係」カテゴリの記事