無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 武器使用基準拡大、駆け付け警護可能に 自民が自衛隊海外派遣の一般法を提出へ | トップページ | 【正論】日本大学教授・百地章 清新な憲法をテコに保守団結を »

2010年5月12日 (水)

小沢氏と亀井氏会談 過半数割れの対応協議 野党とのパーシャル連合も

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100512/stt1005120130000-n1.htm
小沢氏と亀井氏会談 過半数割れの対応協議 野党とのパーシャル連合も
2010.5.12 01:30
このニュースのトピックス:選挙

 民主党の小沢一郎幹事長と国民新党の亀井静香代表が10日夜に都内で会談していたことが11日、分かった。夏の参院選での与党過半数割れを想定し、参院選後に野党と政策ごとに連携する「パーシャル(部分)連合」を模索していく考えで一致した。

 関係者によると、小沢、亀井両氏は「参院選情勢は厳しい」との認識で一致した。亀井氏が参院選で敗北した場合の政権運営について「自民党も参院で過半数を割る時期が長くあった。法案ごとに野党と連携すればいい。いくらでもやり方はある」と進言すると、小沢氏は理解を示し、今後も共同歩調をとる考えを示したという。

 また、亀井氏は民主党支持率下落について「もはや民主党自体の問題になっている。小沢氏や鳩山由紀夫首相が交代しても仕方がない」と述べ、現執行部体制のまま参院選に臨むべきだとの考えを示した。小沢氏も幹事長続投に強い意欲を示したとされる。

 一方、米軍普天間飛行場移設問題について小沢氏は「オレは内閣に任せている」と繰り返し、関与しない考えを示したという。

« 武器使用基準拡大、駆け付け警護可能に 自民が自衛隊海外派遣の一般法を提出へ | トップページ | 【正論】日本大学教授・百地章 清新な憲法をテコに保守団結を »

「国内情勢」カテゴリの記事