無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間「県外に命懸ける」=社民議員、官邸前で抗議 | トップページ | 反貧困ネットの湯浅氏、再び内閣府参与に »

2010年5月11日 (火)

対北政策に影響も=哨戒艦事件で米国務副長官

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100511-00000056-jij-int
対北政策に影響も=哨戒艦事件で米国務副長官

5月11日9時9分配信 時事通信
 【ワシントン時事】スタインバーグ米国務副長官は10日、ワシントン市内で講演、北朝鮮の関与が疑われる韓国哨戒艦「天安」の沈没事件に関し、「北朝鮮問題への今後の対応に影響を与える」と述べ、調査結果次第で対北朝鮮政策の転換もあり得ることを示唆した。
 米政府高官が沈没事件に関連し、北朝鮮問題への影響を公言したのは初めて。米国は事件の調査に協力しているが、これまでは北朝鮮との関連付けを慎重に避けてきた。同副長官も「結論は出ていない」としたものの、北朝鮮関与の疑惑が高まっていることを認めた形だ。

« 普天間「県外に命懸ける」=社民議員、官邸前で抗議 | トップページ | 反貧困ネットの湯浅氏、再び内閣府参与に »

「国際情勢」カテゴリの記事