無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« <仮訳>共同発表/日米安全保障協議委員会 | トップページ | 「地元から反対の声を」 久辺で稲嶺市長支える会発足2010年5月28日 »

2010年5月28日 (金)

「受け入れがたい中身。党首がサインするわけにいかないと確認」社民・又市氏

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000577-san-pol

「受け入れがたい中身。党首がサインするわけにいかないと確認」社民・又市氏

5月28日14時14分配信 産経新聞
 社民党の又市征治副党首は28日午後、米軍普天間飛行場の移設問題に関する党所属国会議員の会合後、「政府方針の素案をみたが受け入れがたい中身だ。党首(福島瑞穂消費者・少子化担当相)がサインするわけにいかないと確認した」と語り、党として平野博文官房長官に、与党党首級による基本政策閣僚委員会で議論するよう求めたことを明らかにした。国会内で記者団に語った。

 また、阿部知子政審会長は「党首が閣僚を罷免された場合の党の対応についてシミュレーションし、どうするか決めた」と述べた。別の同党幹部は「福島さんが罷免されたら、連立に残る選択肢はない」と指摘した。

 社民党の党所属国会議員の会合では、幹部らが福島氏に対して、臨時閣議で政府方針に署名するよう説得したが、福島氏の署名拒否の意向は変わらなかった。

« <仮訳>共同発表/日米安全保障協議委員会 | トップページ | 「地元から反対の声を」 久辺で稲嶺市長支える会発足2010年5月28日 »

日米関係」カテゴリの記事