無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断 | トップページ | 普天間移設:亀井氏「くい打ち方式案は困難」 »

2010年5月 7日 (金)

首相退陣なら『小鳩連合』VS前原、岡田の権力闘争に 民主幹部が見通し

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100507/stt1005070822002-n1.htm

首相退陣なら『小鳩連合』VS前原、岡田の権力闘争に 民主幹部が見通し
2010.5.7 08:19

 民主党の小沢一郎幹事長に近い党幹部は6日夜、夏の参院選前に鳩山由紀夫首相が退陣した場合の後継選びに関し「(首相と小沢氏の)『小鳩連合』が担ぐ候補と、前原誠司国土交通相や岡田克也外相との権力闘争になる」との見通しを示した。小沢氏と距離を置く前原氏らをけん制した発言だ。都内で記者団に語った。

 一方、民主党の高嶋良充筆頭副幹事長、細野豪志副幹事長、松井孝治官房副長官、松本剛明衆院議院運営委員長らは同日夜、都内で会合を開いた。席上で高嶋氏は、政策調査会の復活を求める党内の意見が根強いことを踏まえ、参院選後に実質的に政調会長の役割を担う幹事長代理ポストを新設するのが望ましいとの考えを示した。

« 普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断 | トップページ | 普天間移設:亀井氏「くい打ち方式案は困難」 »

「国内情勢」カテゴリの記事