無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 4月30日、首相官邸前で | トップページ | 「浅瀬・徳之島」も頓挫? 普天間問題、海図なき船出 再び »

2010年5月 1日 (土)

社民党首、桟橋方式に反対=普天間移設

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010050100143
社民党首、桟橋方式に反対=普天間移設

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は1日午前、東京・日比谷公園で開かれた全労協系のメーデー大会であいさつし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「(同県名護市)辺野古の海を埋め立ててはならないのであれば、くい打ち(桟橋方式)もすべきではない」と述べ、現行計画の工法を変更して決着を図る政府の方針に反対する考えを改めて強調した。 
 福島氏は「普天間問題はまさに正念場を迎えている。これ以上沖縄に(基地)負担を負わせないために全力を挙げる」と語った。
 また、共産党の市田忠義書記局長は東京・代々木公園で開かれた全労連系メーデー大会で同問題に関し「もはや沖縄県内はもとより日本国内のどこにも(移設先の)地元合意が得られる場所はない。解決の唯一の道は移設先探しではなく、無条件撤去だ」と主張した。(2010/05/01-12:09)

« 4月30日、首相官邸前で | トップページ | 「浅瀬・徳之島」も頓挫? 普天間問題、海図なき船出 再び »

日米関係」カテゴリの記事