無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 普天間:くい打ち方式に米側が難色 日米審議官級協議で | トップページ | 首相、分散移転を知事会で要請へ 普天間の機能や訓練 »

2010年5月13日 (木)

憲法審規程の早期制定を=参院議長、与野党に要請

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010051300906
憲法審規程の早期制定を=参院議長、与野党に要請

 江田五月参院議長は13日、民主、自民、公明3党の参院国対委員長と国会内で会談し、憲法改正手続きを定めた国民投票法が18日に施行されることを踏まえ、改憲案審議の場となる憲法審査会の規程制定に向けた協議を速やかに始めるよう要請した。
 審査会の構成や運営ルールを定める規程は衆院では制定されているが、参院では民主党が協議に応じておらず、整備されていない。江田議長は会談で、「(国民投票法に基づき設置された)憲法審査会の規程がないのは正常な状態ではない」と懸念を表明。民主党の平田健二氏は「会派内で検討する」と答えた。
 ただ、民主党幹部は13日、「(憲法改正への)党内の意見が固まっていない」と指摘、今国会中の制定に慎重な姿勢を示した。(2010/05/13-18:43)

« 普天間:くい打ち方式に米側が難色 日米審議官級協議で | トップページ | 首相、分散移転を知事会で要請へ 普天間の機能や訓練 »

「改憲手続き法案」カテゴリの記事